Kristina Vasiliauskaitė

クリスティーナ・ヴァシリアウスカイテ(1956年生まれ)の 作品は、教会音楽と少年少女のための音楽など、声楽・合 唱作品が主流を占める。教会音楽の影響を強く受けており、歌曲、ミサなどの宗教曲など小規模な作品も多く作曲 している。教会音楽のシンプルなテキストを用いたり、全音階を用いたり、ロマン主義的な情動性に深く根ざした美しい旋律などに特徴がある。

兄であるBernardas Vasiliauskasは著名なオルガニストで あり、Kristina Vasiliauskaitėの作品の多くにオルガンが用 いられ、演奏者を兄が担当することも多い。

その作品はリトアニアだけでなく、アメリカ、ドイツなどで も演奏され、放映された。Santa Barbara Music Publishing およびミネソタ州ミネアポリスのAugsburg-Fortress Publishersからも楽譜が出版されている。