大中 恩

教会のオルガニスト兼合唱指揮者であった大中寅二を父に持ち、1942年に東京音楽学校(現東京藝術大学)作曲科に入学。学徒出陣を経験。混声合唱曲『島よ』(1970年)で芸術祭優秀賞を受賞。数多くの合唱作品、童謡を作曲し、その作品は数多くの人に親しまれています。

作曲だけではなく、自身の作品のみをレパートリーとする合唱団「コールMeg」を長年にわたって指導し、数々の演奏会やレコーディングなど多彩な活動をしてきました。作曲家・新実徳英氏もその合唱団のメンバーだったことは有名です。現在はそのOB・OG合唱団であるメグめぐコールを指導し、引き続き活動しています。

(今後加筆されます)