北川昇

1983年、神戸生まれ。兵庫県立長田高等学校を経て、大阪音楽大学音楽学部作曲学科作曲専攻卒業。同大学院音楽研究科作曲研究室修了。作曲を下村正彦、千原英喜の各氏に師事。

新潟アジア文化祭Asian Youth Choir 2004のオーディションに合格、テノールメンバーとして参加。2002~2010年、ジャパンユース合唱団で合唱の研鑽を積む。

作曲活動の傍ら、合唱講習会講師、コンクール審査員等として全国各地に招聘されている。また、早稲田大学グリークラブ、女声合唱団「歌姫」(愛媛)、佛教大学混声合唱団(京都)等の演奏会にて委嘱作品を自ら客演指揮するなど、自作品を中心に合唱指揮の分野でも活動の幅を広げている。

「アルティ声楽アンサンブルフェスティバル(京都)」実行委員、「コーラスめっせ(大阪)」幹事、「エントアール」副指揮者、Ensemble Radiance主宰。淀川混声合唱団、なにわコラリアーズ所属。

出版作品
男声合唱曲 – Ubi Caritas et amor