森山至貴

(もりやま のりたか)

東京大学教養学部総合社会学科相関社会科学分科卒業、同大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース博士課程満期退学。

在学中より作曲家、ピアニストとしても活動し、2011年、混声合唱とピアノのための「さよなら、ロレンス」で第22回朝日作曲賞入賞。主な作品に、混声合唱とピアノのための「どうぶつのうた?」(詩:木坂涼・音楽之友社刊)、混声合唱とピアノのための「さよなら、ロレンス」(2011 / 詩:四元康祐・音楽之友社刊)、「蝶 はばたく朝」(詩:成本和子・教育芸術社刊)などがある。

出版作品