面川倫一

【おもかわ のりかず】

桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室を経て、同大学作曲科に学ぶ。作曲を鈴木輝昭、指揮を故・佐藤功太郎、ピアノを故・若松紀志子、鈴木あずさ、吉田真穂、法倉雅紀の各氏に師事。卒業作品により桐朋学園音楽部門作品展に選出。作品はオーケストラ、吹奏楽、室内楽、合唱など多岐にわたる。作曲、楽譜浄書業、音楽教室講師(音楽理論・ソルフェージュ)のほか、数多くの演奏家のTV・CD・コンサートのための編曲を手がけている。

合唱との関わりは深く、福島県立磐城高等学校在学中は合唱部に所属し、テノール、学生ピアニストとして活動。近年は、桐朋学園に学ぶ声楽・ピアノ・作曲の各専攻生により結成された「THEATRE EN VOIX」のメンバーとして、定期演奏会において毎年新作の合唱曲を発表している。2013年、朝日作曲賞(合唱)第2位。