Vytautas Barkauskas Jr.

【ヴィータウタス・バルカウスカス Jr.】

1984年リトアニア音楽アカデミー作曲科を卒業。1986年、Russian Drama Theatreのコンサートマスターに就任し、その後ミュージカル・セクションの監督に就任。1993年よりリトアニア音楽アカデミーの劇場・映画学部助手、およびヴィリニュス教育大学音楽学部助手。

単一の音楽のトレンドや表現形式にとらわれることなく、様々なジャンルの音楽表現を試しており、その作品は電子音楽、器楽、声楽曲など,多岐にわたります。

出版作品: