あげます


混声合唱とピアノのための組曲として書かれた、『はてしない音楽』の中のアカペラの1曲を取り出したピース譜です。
戸惑いと心の高揚を表すかのような変拍子で始まり、ゆったりとした語りの部分に至るまで、恋の初々しさをも感じられる音がきらめいています。