黒いゴムマリの歌

Back Rubber Ball Song - cover作曲者:安藤寛子
作詞者:吉行理恵
編成:混声(SATB div.)
演奏時間:約2分50秒
ページ数:7

突如現れた黒いゴムマリと”わたし”の奇妙な関係を描く、不思議な詩を題材にした作品。

詩の放つ陰りや怪しさや色気、またゴムマリがおそらく持っている弾力性も含め、ジャズ・ブルースを取り入れた独特のサウンドで表現されています。

第24回宮城県合唱アンサンブルコンテストでT.F.Fが演奏し、金賞・理事長賞を受賞しました。

今回の出版と時を同じくして、第61回グリーン・ウッド・ハーモニー定期演奏会(2013年7月15日[月・祝])でも演奏されます。少人数アンサンブルでも十分演奏効果のある曲です。

初演時の演奏 – スピア(Spiaggia Centrale)
※ 出版に際し改訂されたため、楽譜と演奏とが一部異なる部分があります

楽譜はパナムジカ社のサイトから購入できます。