Salve Regina

Salve Regina - Ivan Yohanジャカルタの合唱団が、2008年香港国際青少年合唱祭に参加する際に委嘱した作品です。その後も国内外で演奏される機会が数多くあり、スイス・モントルーの国際コンクール、昨年のイタリア・アレッツォの国際コンクールでも演奏されました。

冒頭のメランコリックな導入部から、後半は一転躍動感に溢れる音楽に変わり、喜びつつマリアをたたえる詩にふさわしい音楽構成となっています。美しい和声の流れを味わいつつも演奏効果の高い曲なので、アンコン・コンクールにも十分映える曲となるでしょう。

Parahyangan Catholic University Choirによる演奏
※ この演奏で7小節目Soprano1の最後の音”ri”の音をC#で歌っていますが、正しくは楽譜通りC(#なし)です。ご注意ください。

※ 初期の版では、8小節目、10小節目の歌詞が「misericordia」となっておりますが、正しくは「misericordiæ (misericordiae)」と最終文字が本来はaとeの合字となり、発音も /e/ となります。謹んで訂正いたします。