AGNUS DEI

Suzuki-AgnusDei-Cover《AGNUS DEI》は、第3回和歌山国際児童合唱祭2014で海外からの招聘団体を含めた参加合唱団全員による合同演奏のために作曲された、無伴奏同声合唱作品です。

作曲者自身の解説によると本作品は、グレゴリオ聖歌所収の『Agnus Dei』の一つを定旋律として扱い、単旋聖歌原型から導き出したユニゾンで開始し、ポリトナールの多声唱、拡大旋律とのポリフォニー、原旋律を主唱とするフーガの提示とストレッタ、モードを基調とした二つのコラール、などを構造の柱としている、とのことです。

単旋律から始まった曲が徐々に拡がりをみせ、豊かに音楽を作り上げていく様は、作曲者の圧倒的な筆力のなせる業ということができ、音楽に対して崇敬の念を抱かせるでしょう。

児童合唱を念頭に置いているため、難易度もそれほど高くありません。児童合唱団、女声合唱団の新たなレパートリーの一つとして、日本や世界の合唱音楽を豊かにする曲といえます。

2014年8月16日、和歌山市民会館で開催された第3回和歌山国際児童合唱祭にて初演されました。

楽譜はパナムジカのサイトより購入できます。