Hoc est praeceptum meum

Matsushita-Hoc-Cover3群の混声合唱のために作曲された、ラテン語・英語・日本語によるアカペラ合唱曲です。

複数の合唱団がジョイント・コンサートを行うときの合同演奏曲に、どのような曲を選曲されるでしょうか?大人数向きの曲を演奏する場合が多いと思いますが、大人数ならではメリットを活かして2群、3群の合唱曲を演奏するなら、そのスケール感の大きさから普段は味わえない合唱の別の魅力を体験することができます。

それをまさに実践しているのが、東京を中心に活躍するGaia Philharmonic Choir(音楽監督 松下耕氏)で、シンガポール・フィリピンの合唱団と隔年で開催しているジョイントコンサート THREE の合同演奏は基本的に各国から持ち寄りの3群の合唱曲を演奏しています。すでに2009年東京、2013年札幌にて開催されたので、ご記憶の方も多いと思います。

この曲は2011年マニラでのTHREE演奏会のために書かれた曲で、「互いに愛し合いなさい」という聖書のヨハネによる福音書の聖句が用いられています。長年にわたり愛と友情を育んできた合唱団にとって、ふさわしい内容であり感動的なフィナーレはまさに圧巻です。

合唱・音楽により愛と友情を強めることができることを歌い手、聴き手の双方が確信できる深い内容の楽曲です。新たな分野の合唱の喜びを、是非ご体験ください。

楽譜はパナムジカのサイトより購入できます。