挽歌

Imai-Lament-Cover現代思想の第一人者、吉本隆明氏の詩に今井邦男氏が作曲した、
ピアノ伴奏付きの混声合唱組曲です。

作詩者が23歳の頃の作品で、歌人であった姉の追悼を主題にしている詩です。
姉を失った悲しみが、当時住んでいた山形・蔵王周辺の自然を背景に表現されています。

作曲者もこの組曲が当初男声合唱組曲として作曲され初演された当時は20代であり、
奇しくも現代日本の思想界、合唱界を支えてきた重鎮の作者が若い時代の作品、ということになります。
若い感性で作られたこの作品は躍動感に満ちており、時代を経ても色褪せない魅力を持つ合唱組曲です。

楽譜はパナムジカのサイトより購入できます。