アイコトバ[アカペラ女声三部版]

SEIGI-Word-SSAac-Cover-JP7月に出版された混声版に次ぐ女声版が誕生しました。思わず口ずさんでしまう印象的でリズミカルなメロディーラインと、小さい頃抱いていた純粋な気持ちを思い出すような実直な歌詞が、この曲が多くの人を魅了する所以でしょう。

ピアノ伴奏がない分、アカペラ独特のハモらせるコツは必要ですが、幅広い層の合唱愛好家の愛唱歌になることのできる、作曲者の代表作の一つです。混声版に比べ、テンポ設定やヴォカリーズの種類、新たな小節の追加など細部を徹底的に見直し、女声版ならではのアレンジに仕上がっています。また、主旋律はどのパートにもいくようにアレンジされており、少人数の女声合唱団でも気軽に歌えるようにと、作曲者の配慮からdiv.は一切ありません。

ア・カペラ女声3部版は、千葉県四街道市で活動されているアンサンブル・ソティエによって委嘱され、2013年6月16日に初演されました。

なお、今回の出版に際し、一部改訂が施されました。