おてんきのうた?

Weather Songs?木坂涼の詩をテキストとした女声合唱組曲です。

「たべもののうた?」(混声)と「どうぶつのうた?」(オリジナル男声/混声)につづく、「はてな三部作」の最後の作品となります。組曲全体を俯瞰すると、雨のあとの情景からはじまり、雨の予感で終わり組曲冒頭へと回帰しています。いわば、雨が組曲の外側で降ることによってこの組曲は美しい円環を形成しています。普段嫌われがちな雨も、晴れと同じように素敵な天気であることを、しかし雨が降る情景そのものを歌わずに示す、というのが作曲者の意図となっています。

難易度は決して高くなく、それでいて深みのある詩の世界と、繊細かつ情感豊かな音楽の双方を楽しめるので、演奏会を鮮やかに彩る選曲となることでしょう。ふじみ野市立大井中学校音楽部(指揮:清水真由香、ピアノ:荻原萌子)によって2013年3月に初演されました。

編集者のコメント:

森山至貴作品としては2作品目、木坂涼作品としては初のMiela Harmonijaからの出版となります。

木坂涼さんの鋭い感性と優しい眼差しが反映された言葉は、読めば読むほど深みと味わいを感じることができますし、その言葉を丁寧に受け止めながらそれを音楽的にさらに立体的かつ豊かに構築していく森山至貴さんの確かな筆力が、この組曲の最大の魅力です。