傘立てに(『おてんきのうた?』より)

Umbrella Stand女声合唱とピアノのための「おてんきのうた?」の第1曲目です。雨が降った後の一場面を切り取った 1行の詩(俳句)の中から、わくわくするような音楽が引き出されていきます。冒頭の「合唱らしい」音楽から、ピアノと自在に掛け合う明るい音楽へと、演奏者と聴衆がともにダイブするかのような書法で作曲されています。

アップビートの効いたJazzyなスタイルは作曲者の得意とする真骨頂であり、組曲の冒頭としても、また単曲で演奏しても聴き応えのある、完成度の高い作品です。

編集者からのコメント:

個人的にこの曲の弾けるような明るさとテンポ感のよさがとても気に入っており、組曲全体は取り上げにくいけれども森山作品は演奏してみたい、という団体が演奏できるように組曲の中から単曲でピースとして分けてみました。

伴奏付きのOKなアンサンブル・コンテストやアラカルトステージのうちの1曲、アンコールなど様々な機会に演奏できる曲だと思います。