聖金曜日の9つのモテット

Vasiliauskaite-InPassione-SATB-Cover

いわゆる聖週間のレスポンソリウムとして知られるテキストに付曲されたアカペラ作品です。
穏やかな曲調のものから、歌詞の内容に沿った激しい音の動きのある曲まで変化に富んでおり、
長さも各曲1分強から3分弱なので、一部抜き出して組み合わせての演奏も可能です。

これまでのヴァシリアウスカイテ作品は、楽器付きだったり二重合唱だったりして
取り上げにくかったかもしれませんが、この作品は4声のアカペラ作品ですので、
多くの合唱団で取り上げて演奏していただくことができるでしょう。
端正な調性音楽で書かれているため、アンサンブルコンテストなどにも最適です。