無伴奏混声合唱のための二つの「理由」

Miyake-TwoReasons-SATB-Cover-JP

2016年度のNHK全国学校音楽コンクール・高等学校の部の課題曲の作曲者であり、近年ますます注目を集める三宅悠太氏の新作です。

《無伴奏混声合唱のための二つの「理由」》は、新川和江『生きる理由』、谷川俊太郎『私が歌う理由』の詩をテキストとして用いた2曲から成る作品で、「人数の少ない中高の合唱部でも取り組めるような」「歌い継がれるような調性音楽」という、歌譜喜からの委嘱要望を受け作曲されました。
‘生きることや涙を流すことの根底にあるのは、他者への愛。この二つの詩に共通するテーマは、今この時代に私たち、人と人を繋いでくれるのではないかと思いを寄せながら、音を紡いだ作品です’(作曲者談)
作曲者が大事にしている‘日本語の語感’が美しく生かされた作品であるとともに、詩に内包されたエネルギーが表現されるようなドラマティックな音楽構成となっています。人としての温かさと慈しみに溢れた豊かな音楽を味わえる、珠玉の作品といえるでしょう。
2015年4月、アンサンブルグループ「歌譜喜」により委嘱初演されました。