始原の蛇[通常版]

Moriyama-Snake-TTBB-Cover-JP「男声合唱とピアノのための『始原の蛇』」の第3曲目です。作曲者による初演時のライナーノーツには、下記のように記されていました。

テキストの題材である蛇の姿形をそのまま曲の構造に反映させ、さまざまな曲想の間をゆるやかに縫いながら長く進む楽曲に仕上げた。「特殊奏法」、変拍子、複雑なピアノパート等、作曲者が現時点で持っている書法を全て注ぎ込み、高岡さんのテキストの持つ複雑な悲しみの様相に肉薄しようと試みた。

ちなみに、2016年のコンクールでこの曲の短縮版が演奏される予定であり、区別するために[通常版]としています。『始原の蛇』とタイトルのつく作品には、[組曲]、[通常版]、[短縮版]が存在することになります。