Moriyama-Cliff-TTBB-Cover-JP「男声合唱とピアノのための『始原の蛇』」の第1曲目です。作曲者による初演時のライナーノーツには、下記のように記されていました。

水底(の死体?)から湧き上がる微細な泡を模した声の「特殊奏法」から始まり、投身をめぐるテキストが比較的厚い和声で歌われる。ピアノパートの点描的なテクスチュアでも水中の気泡を表現することで、水の不穏な質感を曲に充満させるようつとめた。