心のなかで

Tanaka-Hearts-SATB-Cover-JPIntegrate Choral Arts(ICA)の委嘱により作曲され、2015年7月19日に第70回東京都合唱祭で初演されました。50代以上のメンバーが中心の団体から、アンコールピースにもなるような中高年向けの作品を…とのリクエストで、人生を、年月を重ねることの美しさを綴ったこの詩がテキストに選ばれました。

詩人・野村英夫(1917-1948)が詩作に取り組んだのは亡くなるまでのわずか7年間、それは26歳でカトリックの洗礼を受けてからとほぼ重なります。文末に現れる「〜といい。」という言い回しは、”Amen”にも似た、詩人の祈りが立ちのぼってくるかのようです。

混声四部合唱でdiv.もなく、音域も考慮しているので、中高年のみならず幅広い世代に
歌っていただけることと思います。