いちねんせい

既刊の「あいしてる」の詩が掲載された同じ詩集「いちねんせい」の中から4つの詩がアカペラの合唱曲になりました。しんみりしたり、お遊び風だったりと、楽しみながら歌い、聞ける曲です。

留学でフランス和声を学んだ作曲家らしく、横のメロディーラインと縦のハーモニーが充実しているため、演奏者をも虜にする魅力のある曲たちです。

若手作曲家の作品を扱うaedificatores(エディフィカトーレス、通称エディ)の2017年度の演目となっており、2017年11月福岡で組曲初演され、東京、名古屋でも演奏されました。