Oi šąla šąla, pašalnojo

Vytautas Miškinis 詩・曲

リトアニア・アカペラ合唱音楽(1990−2008)という2枚組CDに収録されている、ミシュキニスを代表する女声合唱曲です。アドリブでリコーダーやトライアングルを用いて、冬の凍えるような寒さを音楽的に表現しています。

混声版と男声版も存在しますが、演奏時間がそれぞれ異なります。こちらは準備ができ次第出版予定です。